FC2ブログ

ABOUT

蒼子

Author:蒼子
創作中心、親バカです。

当サイトのリンクについてはコチラから!

コンテンツ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

Thanks

スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も語ってます

2008/11/27 [Thu] 03:05
引きこもり蒼子のキャラ一覧ページ更新絶賛進行中です(…)。
和洋も完了しましたあああうっしゃあ自己満足(笑)しかしタグが面倒だったんでちょっと手抜きです(笑)。和洋主人公トリオも描き直しして脇キャラたちもアップ。小町ちゃんたちのジャンルは…メディア人でしょうか(笑)。メディア人描いててサッカーオーエド代表とか将軍の息子達とか懐かしい!こいつらはみんな同時期に出きたキャラで…わたしが短大生んとき…ちょうど前回のワールドカップ開催中の時のキャラです。ドン大波っていう顔に893みたいな傷のあるキーパーもいたりします。そうだ紅藤や藍鉄も描こう。ほとんど公開してないけどネタとか容姿とか決定してるマフィアキャラも三人いるのです。最近考えたいなぁと思うのが忍者一族の英太の両親。英太のお父さんは服部半蔵みたくしたい(どんな)。なんだか脇キャラまでキャラ一覧にアップしだしたらうちはキリがなくなりそう(笑)ハバネロのクラスメイトとかGODGAMEの使徒の仲間たちとか。


今日は追記でGODGAMEの山・海に分かれて任務編を書こうかと。ネタバレネタバレ(^^)たいしたネタバレでもないのですがお付き合いくださる方は続きでどうぞ(^^)! ***

山と海に分かれて任務編はエンバの家族とデュエッサの家族が登場です。
あらすじ的には…前回の任務にて深い傷を負ったフィーバスとバン。
しかし現在、使徒にはその傷を癒せる薬を切らしております。
その薬を作れるのはエンバの一族ロンド家のみ(きっとロンド家秘伝の薬とか)。
使徒にあったその薬もロンド家が作ったものを貰って置いてたのです。
エンバの案内でエンバの故郷まで行く事に。
そして同じくして、海に怪物が現れているとの報告。
そこで船を持つ知人がいるデュエッサはそちらの任務に。
ということでエンバサイドは薬を取りにエンバの山間にある故郷のまで。
デュエッササイドは怪物退治に海へと向かいます。
エンバサイドはジョッシュとセルシア。デュエッササイドはアーサー。
このチーム分けにたいした理由はないのですが18歳組でギャーギャー話あって分かれたかと(笑)。
アーサーはジョッシュとは嫌だし、セルシアは潮風で髪のセットが崩れるのも嫌だし、とかそんな理由で(笑)



山のエンバサイド
・エンバは国でいえばトルコの人
・故郷につくとコソコソヒソヒソと村人達が嫌な目つきで見てきます
・「おいエンバだぞ」「あぁ本当だロンド家のエンバだ」「何しに帰って来たんだ」と村人達はエンバのことを話しています
・仲間の陰口に「なんなんだ」と睨むジョッシュと「言いたいことがあるならはっきりしなさいよ」と文句を言いそうになるセルシアだが「気にしないで」とにこやかなエンバ
・「いつものことだから」と言って笑うエンバの表情はいつもと一緒で「…」と顔を合わせるジョッシュとセルシア
・そして村はずれまでやってくるとエンバの家に到着
・声をかけても誰も出てこず「ちょっと待っててね」と家の中に入っていくエンバ
・「さっきの村人達何なのかしらね」「あぁ、それにエンバもどうしたんだ」先程の事が気になる二人
・「やぁお嬢さん」「ん?」すると一人の男がセルシアに声をかけた
・そいつは中々のハンサムで「あらカッコイイ」なんて思ったセルシアだがなーんか図々しいというか慣れなれしいというかボディタッチ早すぎというか…
・そして肩を抱かれようとされ「ちょっと!!!」と怒ったセルシア簡単な魔法で男を軽く吹き飛ばし
・「おいおい…」ビビるジョッシュ(笑)と「どうしたの!?」と慌てて出てくるエンバ
・「…あ!ロスト!」「よぅエンバぁ…」吹き飛ばされたこの男…なんとエンバの兄貴であった
・それからエンバの父ワルスと弟のスロッツも登場
・実年齢よりかなり若々しいお父さんと「エンバぁ?!わぁエンバだエンバお帰り会いたかったよ!」お兄ちゃん大好きなスロッツ
・互い自己紹介も終わり和気藹々、来た目的を話して、じゃあ明日村で薬の材料を調達してからさっそく作りにかかるよと決まり今晩はゆっくり休むことに。
・そして翌日さっそく材料を買いに昨日通ってきた村まで買出しに。ジョッシュセルシアエンバロストスロッツで来ます。
・だが「ロンドの人間に売るものは何も無い」こう言う村人
・しかもみんな口を揃えてそう言います
・これはもうさすがに怒ったセルシア。クールなジョッシュもイライラ。
・しかし三兄弟は何も言わない、反論しない
・「いいんだよセルシア」「いいって何がよ!こんな理不尽許さないわ!」「仕方がないんだ、だからいいんだ」
・そんな事を言い出すエンバ。納得のいかないジョッシュとセルシアだが一旦家に戻る事に。
・家に帰り材料のことをワルスに話し「仕方がない、それならば直接森へと取りに行こう」と決まる
・「ねぇ、仕方がないって何なの?どうしてエンバ、何も言わないのよ」村人たちのあの態度はなんなんだ、そしてエンバたちも何なのだとセルシアとジョッシュ
・そしてそこで話されるロンド家の事情…(事情はこれこそ本編で書きたい!!!)
・事情明らかになってエンバのこととかもまた分かる感じに。シリアス。
・セルシアに良いこと言わせたいです…本編頑張りたいが………(遠い目)
・そんなかんだでいざ森に材料とりに
・その材料はユニコーン関係とかかなやっぱり。ファンタジーで薬といえばユニコーン!
・他にも薬草とか色々とります
・そこでニンフとか良い奴にあって危険な奴がいるから気をつけろとか忠告とか
・そして凶暴な怪物登場で退治に!怪物はマンティコアとか…

山は大体こんな感じ。続いて海!

海のデュエッササイド
・海で任務は良いけれど海のど真ん中に現れる怪物をどうやって退治…もしやボートで行けないて言いませんよね…ビビりなアーサー
・「ハハハハ安心しろ、船ならある」「私の知人がね、船を持ってるから大丈夫よ」ゼンスとデュエッサ。なんだそれなら安心だ。
・そして船を持つデュエッサの知人と待ち合わせするため大きな港に
・人も船も多いその港はとても賑やかでアーサー驚き
・デュエッサの知人は貨物船(帆船!!!)の船長さん。その船の乗り込んでいざ大洋へ!
・「うわーーー!!綺麗だなぁ!!!」初めての海に大興奮のアーサー(笑)
・天気も良いし怪物のことなんて忘れてるアーサー~船は順調に進んでいきます
・さて夜もふけ明日に備えて眠りにつくことに「おやすみアーサー」「おやすみデュエッサ!また明日ね!」気分は遠足だなこいつ(笑)
・眠りについたアーサーですがなんか外がにわかに騒がしい…しかし気にせずそのまま寝ていたら
・「…い」「…」「…おい」「うーん…」「おい起きろ!!!」「!?!?」すぐそこで聞える声にびびり起きるアーサー
・すると自分の首に光る剣が構えられていて…うわー柄の悪い男お前誰だ!
・「な、なんだよどういう事だよこれ!?」「いいからきやがれ!!!」男にひっぱられるように甲板へと出るアーサーそこでアーサーが見たものは…
・貨物船の隣にもう一隻の帆船…そこに運ばれている貨物船の荷物…たくさんの柄の悪い男たちそして隣の帆船に掲げられているのは夜風になびく髑髏マークの旗…
・「………か、海賊だあああああああ」貨物船が海賊に乗っ取られて物資取られてると焦るアーサーああそうだデュエッサはどうしたんだろう大丈夫だろうか
・すると海賊船へと乗せられているデュエッサを発見。しかし「お前も来るんだよ!!!」と先程の柄の悪い男にまたひっぱられアーサーも海賊船に
・「デュエッサ!!!」「アーサー大丈夫?」そして海賊船。ビビるアーサー。そうこうしてると荷物を運び終わったのか海賊船が動き出し貨物船と離れていく
・ああああどうなるんだどうなるんだ俺たち
・周りにはたくさんの海賊たちがいてみんなアーサー達見てます
・すると後方がザワザワ、道が開いたかと思うと静かになります
・「さぁどけどけ、客人に挨拶しないとな」登場したのはこいつ………この船のキャプテンだ………
・船長登場で固まるアーサー。だが。
・「父さん!」「父さん?」船長に駆け寄るデュエッサ。え、父さんって?
・「おぉデュエッサ久しぶりだな!」………これはどういうこと?
・「アーサー、私の父さんよ」「アーサー君というのか、新入りくんだな」
・なんと海賊船の船長の名はアランサック・プルー。総督の称号も持ってるプライベーティアでヂュエッサの父である。周りの海賊たちも「デュエッサ久しぶり!」とわいわい盛り上がり
・ほっとひと安心なアーサーだけど海賊って(笑)
・船持ちのデュエッサの知人というのは父のことでここまで乗ってきた貨物船の船長さんもアランサックの知り合い
・初めからアランサックの船に合流するまで乗せてもらうことになっていて、物資の略奪?!も略奪ではなく「いつもすまないなぁ」と物資受け取ってただけ
・アーサー呼びにきたやつ名前はルパートでデュエッサとは同い年でイタズラ好き…ちょっと演技してみました(笑)
・「ルパートやりすぎなのよ」「いやぁだってあんなに怖がってたから面白くて」
・他にも名前まだ未定なんですがあと二人デュエッサと同い年の男の子が出てきます
・にしても本当に海賊船。デュエッサが帰って来たぞ~!!!と甲板は賑やか
・アランサックの船は使徒をサポートするアルカイ達(ロンド家もそうですね)
・そいでプライベーティアなんですが元々バッカニアな海賊だったのでプライベーティアになってもがら悪い人たちです
・そんなんでこの船で怪物退治に向かうことになるんですがここでアランサックがアーサーに怖い話を…(笑)
・それは近頃現れるという幽霊船の話…アランサックの巧みな話術にびびりまくりなアーサー。きっと話の最後「わ!!!」て感じの声で「ギャー!」てなったかと
・「父さん怖がらせすぎよ」「いやぁすまんすまん」「ごめんねアーサー、父さんお茶目なの」「うぅ…デュエッサそっくりだよ…」
・ここまでワイワイでそれからまたセイレーンとか海の神とかクラーケンとか海の怪物といえば!!!なのがわんさか出てきて
・幽霊船も登場し海賊VS海賊みたいに本当海上戦に!
・幽霊船の名はマリセリス号。お分かりの通りかの有名なマリー・セレスト号より。怖いよ実際あったなんて!!!
・デュエッサとアランサックの親子の会話とか訳有り風来坊のデュエッサのこととかも出てくる感じで
・デュエッサの訳有りはこの話の前でも出てそう


まだまだ思考中ですが大体
そんな感じです(どんな)。
海の怪物とか小さい頃から大好きなんではりきりたいです。
山のロンド家の事情とかも好きなんで書きたい…というか語りたいです(笑)
スポンサーサイト

<< 最近の絵とか和洋の新キャラとか | ホーム | 語り語り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


???????1102??

???????1102?????????? ??29и?????1?2?κ?11023024????ä????????? ????å????????????????奢? ??SEO??? ????Ű?


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。